ブログノウハウ

無断リンクは違法?ブログにURLを貼るときに注意すべき著作権

こんにちは!こっぺぱん(@snckkoppe)です。

自分のブログに、他人のサイトやニュース記事へのリンクを貼りたいときってありますよね。

このとき、リンク先の許可を取らないで勝手に直リンクを貼ることを無断リンクと言います。

少し前までは「無断リンクお断り」とするサイトがありました。

今も少なからずそういうサイトはあると思いますが、最近はRSSフィードを取り入れて積極的に記事を外部へ発信し、他のブログやまとめサイトに取り上げてもらうなどして、自分の記事を広く拡散してもらうのが主流となっています。

ただし、必ずしも無断リンクが問題ないというわけではありません。

リンクの仕方次第では、リンク先の著作権を侵害したり、マナー違反となるケースがあります。

そこで今回は、ブログに無断リンクを貼るときの注意事項についてまとめてみました。

無断リンクとは

無断リンクとは、他人のウェブサイトの記事や画像などへのリンクを、その持ち主の許可を得ずに、自分のウェブサイトやブログに貼り付ける行為のことを言います。

無断リンクは違法?

法律的には、「無断リンクお断り」などの記載有無を問わず、原則としてリンク先に許可をとることは不要で、通常は著作権侵害には当たらないと言われています。

公益社会法人著作権情報センターのサイトにも以下の記載があります。

「リンクを張る際には当方に申し出てください」とか、「リンクを張るには当方の許諾が必要です」などの文言が付されている場合がありますが、このような文言は道義的にはともかく、法律的には意味のないものと考えて差し支えありません。ホームページに情報を載せるということは、その情報がネットワークによって世界中に伝達されることを意味しており、そのことはホームページの作成者自身覚悟しているとみるべきだからです。リンクを張られて困るような情報ははじめからホームページには載せるべきではなく、また載せる場合であっても、ある特定の人に対してのみ知らせようと考えているときは、ロック装置を施してパスワードを入力しなければ見られないようにしておけばよいだけのことではないでしょうか。

出典元:公益社会法人著作権情報センター デジタル・ネットワーク社会と著作権

要約すると、

  • 「無断リンクお断り」には法的拘束力はない。
  • ウェブサイト公開時は無断リンクされることを覚悟すべき。
  • 無断リンクされて嫌なときはパスワードをかけるなどする。

とのこと。

 

無断リンク時の注意点



無断リンクは、”通常“、著作権侵害には当たらないと言われていますが、以下のようなケースでは注意が必要です。

1.リンク先のコンテンツを貼り付けるのはNG

他人のウェブサイトにある画像や文章などのコンテンツを使用するとき、画像や記事へのリンクを貼ることは問題ありません。

しかし、リンクではなく画像や文章そのものをブログに使用することは著作権侵害となります。

画像をダウンロードして使用したり、文章をコピペする際は注意が必要です。

画像を提供しているウェブサイトによっては、無断で使用することを認めているものもありますが、利用規約を必ず一読し、著作権侵害に当たらないようにしましょう。

なお、基本的にはすべての画像や文章などのコンテンツには著作権があり、許可なく利用できないのが原則ですが、例外として「引用」があります。

この引用に当たる利用方法であれば、法的にも著作権侵害には当たらず、他人のウェブサイトにある画像や文章などのコンテンツを無断で使用することができます

引用にもルールがあるので、正しく利用するようにしましょう。

 

2.違法コンテンツへのリンクはNG

児童ポルノ動画や、違法アップロード動画・ゲームなど、明らかに著作権侵害とわかるコンテンツへのリンクは禁止されています。

このようなリンクを貼ってしまうと、違法行為とみなされ、法的責任が問われるおそれがあります。

違法コンテンツへのリンクは張らないように気をつけましょう。

 

3.リンクポリシーの違反はマナー違反

「無断リンクお断り」の記載があっても無断リンクすることは違法行為ではありませんが、ネットマナーとしては問題があります。

マナー違反はリンク先からの心象が悪くなりますし、自分のウェブサイトの信用も失墜しかねません。

また、リンク先のウェブサイトによっては「無断リンクお断り」以外にも無断リンク時の注意事項が書かれてあったりするので、必ず確認するようにしましょう。

 


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ブログにURLを貼るとき(無断リンク)の注意すべき著作権についてご紹介しました。

通常、無断リンクは法的にも問題ありませんが、リンクの仕方やリンク先の内容次第では著作権侵害に当たるおそれがあります。(法的措置に発展する場合もある)

また、無断リンクはマナー違反に当たるおそれもあります。

無断リンクするときは、リンク先のコンテンツ内容やリンクポリシーをしっかり確認するようにしましょう。

created by Rinker
¥1,728
(2019/07/23 05:56:33時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
こっぺぱん
こっぺぱん
好きなことだけをして生きていける術を磨くべく奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。