ブログノウハウ

SEO対策に必要な文字数は?ブログ記事2000文字にこだわる3つの理由

こんにちは!こっぺぱん(@snckkoppe)です。

ブログ記事を書くとき、いったい何文字書けばいいのか迷いますよね。

おすすめ文字数についてネット検索すると、

500文字以上、1,000文字以上、2,000文字以上、5,000文字以上

と、様々な意見があります。

それぞれ、根拠となる理由が紹介されているだけに「じゃあどれが正解なの?」となってしまいますよね。

残念ながら正解は誰にもわかりません。

だけど、自分の経験からこのくらい書いておけばいいんじゃないの?ということは言えます。

私は2,000文字以上を推奨します。

そこで今回は、私が2,000文字以上にこだわる3つの理由についてまとめました。

なぜ2,000文字にこだわるのか

記事に必要な文字数は、その記事の内容やキーワードなどによって変わってきます。

数百文字もあれば十分な記事もあれば、数千文字必要な記事もあるでしょう。

そのため、本来は、文字数を気にせず、記事にしたいことを書くべきです。

しかし、ブログでお金を稼ぎたい人はそうはいきません

ブログのSEO対策において、ブログ記事本文の文字数は非常に重要なポイントなのです。

ではいったい何文字書けばいいのか。

私は以下の理由から、2,000~3,000文字をおすすめします。

1.検索エンジン側からの評価

文字数が少なすぎると、検索エンジン側から「コンテンツとして不十分」と評価されかねません。

もしこのような評価をされてしまうと、がんばって書いた記事が検索結果に表示されなかったり、表示されたとしてもずっと後のほうでなかなか見られなかったりします。

一般的には1,000文字以上書けば検索エンジン側からの評価は悪くないと言われています。

Google Adsense(アドセンス)の審査や、Amazonアソシエイトの審査でも、1,000文字以上書けば審査に通りやすいとされています。

ただ、今の検索エンジンは、文字数の多さも「充実したコンテンツ」と評価するポイントの1つとなっています。

そのため、最低1,000文字以上、だいたい2,000~3,000文字を目安に記事を書いているブロガーの方が多いようです。

なお、私の実体験では、500文字〜1,000文字でも検索の上位に表示されることはあります。

なかにはあるキーワードで1位を取っているものもあります。

あくまで目安とお考えください。

PV数を増やす!ブログのドメインパワーを上げる3つの方法と体験談 ドメインを取得したばかりのウェブサイトって検索結果で上位に表示されにくいですよね。 それはドメインパワーが弱いからです。 ...
あなたは大丈夫?ブログアクセス数を下げてしまう記事とその対策 ブログのアクセス数(PV数)を増やすには記事をたくさん書く必要があります。 しかし、ただ量産すれば良いというわけではありま...

 

2.読者側からの評価

逆に文字数が多すぎると、読者から「この記事を読むと疲れるなぁ」と思われてしまいます。

記事が最後まで読まれず途中でブラウザバックされるかもしれません。

また、だらだら書かれた文章は読みづらく、要点がうまく伝わらなかったりします。

がんばって書いたのに、伝えたいことが伝わらないのは悲しいですよね。

人はだいたい3分で2,000文字を読めると言われています。

だいたい2,000~3,000文字を目安に記事を書いておけば、ちょっとした空き時間にも見てもらいやすくなります。

 

3.書きやすい文章量

2,000文字と聞いて、「そんなに書けないよ~」と思った方もいるかもしれません。

たしかに、いきなり2,000文字書け!と言われると戸惑ってしまう量だと思います。

しかし、コンテンツの骨組みを考え、それを肉付けしてやることで、2,000文字なんてあっという間に達成できます。

例えば、商品Aについて紹介する記事を書くとします。

まずは紹介する内容の骨組みを考えます。ようは目次です。

①商品Aの概要
①-1.商品Aはどんな商品か
①-2.商品Aを作ったメーカー
①-3.商品Aの価格
①-4.商品Aが売っている場所

②商品Aの使い方
②-1.まず〇〇〇する
②-2.次に○○〇する
②-3.最後に〇〇〇する

③商品Aを使ってみた感想
③-1.使用面
③-2.価格面

④まとめ
おすすめなのでみんな買ってみてね

 

上記の骨組み例だと、10個の項目について文章を書けばよいのです。

各項目だいたい200文字書けば、合計2,000文字に達します。

200文字なんてあっという間です。

私がこの記事の冒頭で書いた以下の文章は267文字です。

このくらいすぐに書けそうな気がしませんか?

ブログ記事を書くとき、いったい何文字書けばいいのか迷いますよね。

おすすめ文字数についてネット検索すると、

500文字以上、1,000文字以上、2,000文字以上、5,000文字以上

と、様々な意見があります。

それぞれ、根拠となる理由が紹介されているだけに「じゃあどれが正解なの?」となってしまいますよね。

残念ながら正解は誰にもわかりません。

だけど、自分の経験からこのくらい書いておけばいいんじゃないの?ということは言えます。

私は2,000文字以上を推奨します。

そこで今回は、私が2,000文字以上にこだわる3つの理由についてまとめました。

 

ここで一つ注意。

骨組みにはそれぞれわかりやすい見出しをつけましょう。

この見出しはSEO対策でも非常に重要になってきます。

正しく使えてる?見出しタグの使い方と5つの注意点 良い内容が書かれているのに読みづらいと感じるブログ記事を見かけます。 改行がなかったり、文字色や強調がなかったりと、様々な...

どうしても文字数が足りないというときは、文字数を簡単に増やす方法があるのでこちらを試してみてください。

困った時はコレ!ブログ記事の文字数を増やす3つのテクニック ブログを書く時、記事の文字数を意識しますよね。 500文字とか、1000文字とか、2000文字とか。 もう少し文字数...

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

読み手・書き手のことを考慮した、私が2,000文字以上にこだわる3つの理由をご紹介しました。

2,000文字以上書けば必ずSEO対策になるとは限りませんが、先に述べた通り目安の1つとしては有効だと考えます。

ただし、最も大事なのは「読者に伝えること」なので、文章を無理に縮めたり、無駄な情報を多く取り込んだりするのはNGです。

目安として2,000文字を意識しつつ、本当に伝えたいことが伝わるような記事を書くようにしましょう。

created by Rinker
¥1,728
(2019/07/23 05:56:33時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
こっぺぱん
こっぺぱん
好きなことだけをして生きていける術を磨くべく奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。